English - 日本語
ニュース   写真   注文   連絡
写真の作成方法

我々の基本的な考え方として準備と柔軟性が一番大事なところと捉えています。

−準備:最適な道具の知識を持つ事は鍵となるに間違えありません。

−柔軟性:明確なプランがあったとしても、いつ現れるとも分からないようなチャンスに柔軟に対応できるといいでしょう。

道具の選択に関してはなにようりも客観的に判断するのは一番大事だと思われています。それを基にどうやって最適な道具を選んでいるのか。各道具に関してはいろいろな種類がある中でただ一つの例を打ち上げましょう。

フィルムかデジタルかはどちらを使っているのでしょうか。デジタルから生まれた変更が様々ありますのでこの質問に関してかなり感情的な話をよく聞きます。しかもデジタル技術の進歩はかなりのペースで進んでいるのでフィルムしかないと言っている写真家の中では2年前の道具で判断している方も少なくはないでしょう。

個人的にはデジタル技術は新しい可能性を広げてくれるものとして意識したいところです。今使っているマミヤZDという22MPヂジタルカメラから得れる画質は細かさと言う意味ではまだImaconでスキャンされた4x5に勝てないがダイナミックレンジか使い安さという観点では上でしょう。最適に使い方としては朝の柔らかいシーンのときは4x5を使ったほうがいいけれど晴れた日の昼にはマミヤのほうがいいでしょう。

.

Light-of-Earthsとは? | サイトマップ | プライバシーの考え方 | 連絡先 | ©2008 Light-of-earths