English - 日本語
ニュース   写真   注文   連絡
後処理に関しまして

後処理が簡単にできるというのはデジタル技術の一番目立つ特徴でしょう。残念ながらその可能性自身からデジタル写真が嫌われることもあります。

ただ考えてみれば写真の後処理は新しいことではない。デジタルが”嘘ばかり”と言う風景写真家のほとんどは恐らくFuji Velviaというフィルムを使っているでしょう。

なぜVelviaで撮影をしているのか?Velviaが出す素晴らしい色を強いコントラストが好きだからだと思います。ある意味ではその色とコントラストが出来るのはVelvia自体が自動的後処理をしてくれるからだと私は思います。柔らかいシーンに対してはVelviaを使うとそのシーンを見た方が経験したことがよく再現されます。つまり他のフィルムの制限を乗り越えるためにVelviaを使うといいでしょう。

ヂジタル後処理という分野は非常に深いです。我々はVelviaと同じくシーンを見たときの感情を再現するためのツールとしてしか考えていません。ただVelviaと違って自由度が非常にあります。その中で撮った写真に対してどういう操作を行っているのでしょうか。

ーフィルムで撮った写真をまずImaconでスキャンします、

ーデジタルカメラのrawで撮った写真はraw変換ソフト(写真によってはRaw Developper, Adobe Lightroom, Silkypix, Capture NX or DxO)でTiffか.psdのいずれかに変換します。

いずれにしても、Tiffファイルができてからは:

ー直接にPhotoshop CS3で処理します、

ーまたはパノラマ写真を考慮して撮られた絵の場合はPTguiというソフトでまず一つの纏まった写真を計算します。その語CS3で最終的な処理をします。

色とコントラストの修正が終わったら最後にプリントの準備でシャープニング処理をします。そのためにPhotoshop用のPhotokit Sharpenerというプラッグインを使います。

今回紹介したのは基本プロセスですが他の段階がある場合もあります。

.

Light-of-Earthsとは? | サイトマップ | プライバシーの考え方 | 連絡先 | ©2008 Light-of-earths